アシナガバチの巣を見つけたら即駆除業者に連絡しよう

安全に駆除するために

ハチ

ハチの巣を除去すれば、ハチは去っていきます。ただし攻撃してくることがあるので、殺虫剤で弱らせてから除去することが大事です。特に8月や9月は、ハチが攻撃的になるので注意が必要です。白い服で身を包んでおけば、ハチ駆除を比較的安全におこなうことができます。刺された場合は、すぐにそこを冷やす必要があります。

もっと見る

怖い昆虫に注意

蜂

暖かい季節になると生き物が活動を始めます。冬季に見かけなかったテントウムシやミツバチなど、長閑な気持ちにさせてくれる生き物がいる一方で、ハチやアブなど人に危害を加える可能性がある怖い虫も出てきます。特に庭先に現れてほしくない虫は、黄色と黒で特徴的な縞模様をもつ怖いハチです。よく刺されて重体になりニュースになっている種類はスズメバチですが、よく似た姿であるアシナガバチについても知っておいたほうがいいでしょう。アシナガバチはスズメバチ科で、色や形はスズメバチに似ていますが、スズメバチほどは凶暴ではありません。基本的には巣に近づいたり、こちらが乱暴に払ったり叩こうとしたりしなければ攻撃してくることは少ないと言われています。

スズメバチよりは大人しいといっても、やはり刺す虫ですから、玄関や勝手口など人が多く出入りする場所や庭に巣を作られてしまうと困ります。家事や庭仕事をしている際に刺されたり、洗濯物と一緒に部屋に入れてしまったりして刺されたという事例もあります。小さな子供がいる家庭ならば、なるべく巣は撤去しておきたいと考えます。アシナガバチの巣は比較的人目につきやすい場所に作られることが多く、また完成してもそれほど大きくならない特徴があります。そのため素人でも撤去することは可能ですが、小さく軽い作りなだけに、再び同じ場所に巣を作られてしまうこともあります。やはり駆除と巣を撤去することは専門業者に依頼したほうが安心です。相手が何を考えているかわからない虫だけに、やはり姿は見えなくなってくれるほうが安心とも言えます。しかしアシナガバチには益虫である面もあります。庭草を食い荒らす毛虫や芋虫、花や実を弱らせるカメムシなどは幼虫の餌として捕まえてくれます。虫に抵抗がない、できればうまく付き合いたいと思うならば、刺激を与えないように巣をそっとしておくのも1つの方法です。

プロのハクビシン撃退術

ハクビシン

首都圏も含めた都市部で近年天井裏などへの侵入被害が多発している動物に、ハクビシンが挙げられます。外来動物と疑われながら移入時期がはっきりしないことから、ハクビシン駆除には自治体の許可が必要です。その生態に関する専門知識がないと駆除自体も難しいことから、害獣駆除業者に依頼するのが最も確実な解決法です。

もっと見る

繁殖力の高い害虫駆除

ウーマン

高い繁殖能力を持つゴキブリは、専門業者に駆除を依頼しましょう。プロの使う殺虫剤は、市販のものよりも効果に優れています。ゴキブリ駆除だけでなく、防虫もしてくれるので安心です。業者の中には1年間の保証がある所もあるので、業者に依頼する場合は保証もチェックしてみましょう。

もっと見る